ヘナは、全て植物成分なので、ヘアカラーのようにつんとする匂いもなく、頭皮につけても安心です。だから使い方が簡単。 写真をまじえ、ご案内いたします。
ヘナの使い方

ヘナの使い方



ヘナは、初心者でも簡単に染めることが出来ます。
薬品で染めるヘアカラーとは違い、ヘナは穏やかな植物の色素で染める為、粉の量や放置時間が多めに必要です。その代わり頭皮についても安心ですし、髪を傷めることが一切ないのが嬉しい特徴です。

準備するもの



使用量・時間

※初めての方や硬くて太い髪質の方は、表示よりも粉の量を多め・放置時間を長めにしてください。



 

ご使用方法


”要な粉の量を測り、お湯でときます。
▲吋船礇奪廚らいの柔らかさになるまでときます。

※ペーストが硬いと薄染まりや退色の原因となります。
必ず、水分量はお守りください。
4イい身韻凌燭鹵罎法△気とい鮖箸辰討泙辰垢以け目をとります。ハケでペーストを塗ります。必ず根元の白髪部分のみに塗るようにしましょう。

塗り終わったら、再度さい箸で分け目をとって塗ります。それを繰り返します。


※ひとつの分け目にカレースプーン2杯程度のペーストが目安です。 ※オレンジ系のヘナや色のつかないヘナの場合、ハケを使わず手で全体をもみこんでも大丈夫です。
じ綟部は、上から下へ分けながら塗るとよいでしょう。

難しく見えますが、ハケやさい箸の感触を頼りに塗ると簡単に塗ることが出来ます。長い髪は、クリップやゴムでとめるとよいでしょう。
ゥレンジブラウンや、ビターオレンジ、ノンカラーの場合は、塗り終わったら全体をよくもみこみます。

※それ以外の濃い色のヘナは、染めなくてもよい毛先には伸ばさないようにしましょう。終わった後に櫛でコーミングしたり、もみこむのも厳禁です。
たれやすいところは、あぶらとり紙やクッキングペーパーを切ったものを貼り付けると垂れ防止になって便利です。
ε匹蟒わったら、頭全体をラップで巻きましょう。
Д薀奪廚粘いた後、タオルを巻いててシャワーキャップをかぶりましょう。
そのまま各色の指定時間、放置します。


※放置時間が長いほど、色持ちよくしっかり染まります。
┘轡礇鵐廖爾農い流して終わりです。

自然葉シャンプーで洗うと、より色持ちが良くなります。




染め直後の色



インディゴ(ナンバンアイ葉)が配合されているヘナは、染めてすぐには濃い茶色になりません。最初は葉っぱの色が出て、黄色〜緑色に染まります。空気に触れることにより徐々に濃いブラウンに変化するのがヘナの特徴です。大切なお出かけ前に染める時は、日にちに余裕をもって染めてください。



パッチテスト



ヘナは植物成分100%のやさしい成分ですが、そばアレルギーやたまごアレルギーがあるように、天然のものでもアレルギーを起こされる方がいらっしゃいます。その為、ご使用前には必ずパッチテストを行うようにしてください。
詳しい方法はこちら

またグリーンノートでは、全ての方に安心してお使いいただけるよう無料でパッチテスト用のヘナをお送りしております。お気軽にお申し込みください。 無料パッチテストのお申し込みはこちら



ページトップへ